2009年12月12日~20日
「ジーナ・サラー再来日」
ジーナが待望の再来日を果たしました。今回、全イベントへの参加者は約285名。インドに5000年前から伝わるマントラのチャンティングから、ネイティブ・アメリカンの歌、ブラジルのサンバ、アフリカのダンス・・・まさに異文化のフュージョンとも言えるジーナのミュージック・セラピー。それぞれの文化に生まれた土着のリズムは、その地へ行ったことがなかったとしても、私たちの体の奥底に響き、何か眠っていたようなものを目ざめせてくれるのです。
だからこそ、全く知らないはずの、アメリカインディアンのチャンティングを歌うと、なぜか涙が泉のように溢れて止まらなかったのでしょう。私たちは、深いレベルで、本当につながっているのだ・・・ジーナの音楽は、そのことを、体と心に思い出させてくれるのです。


2009年11月3日
「David Newmanキルタン」
デビッド・ニューマン David Newman京都の歴史あるお寺、永運院の神秘的な雰囲気の中で行われたキルタンコンサート。40名ほどのお客様にお集り頂きました。デビッド・ニューマンの優しい歌声と、心にすーっと沁み渡る、美しいメロディ。そして、彼のパートナーであるミラの、グルービーなパーカッション!!!素晴らしいコンビネーションで、お客様にも大いに歌っていただき、楽しい一夜となりました。「マントラの意味などわからなくてもいいんだよ。マントラは、その音自体にパワフルな力が込められているものなんだから」というデビッドの言葉の意味が、よくわかる体験でした。ほんと、気持ちが良いです!


2009年3月11日
「佳川奈未ディナーショー」
佳川奈未ローズディナーショー初日でチケットはほぼ完売。
ミリオンセラー作家から歌手デビューへと、その人気もとどまることを知らない佳川奈未さんのディナーショーは、大盛況、大成功に終わりました。涙(号泣)あり、笑い(大爆笑)ありの3時間。次々と素敵なドレスに早替わりした奈未さんが現れるたび、会場は歓声にわきました。奈未さんのデビュー曲「幸運ギフト」が披露されたときには会場もクライマックス。お帰りになる皆様の目はキラキラと輝いているようでした。ありがとうございました!


 
 
アムリタメディア CDストア

スティーブ・ロス&綿本彰
スティーブ・ロス&綿本彰ジョイントイベント

2009年3月20日~30日の期間、アメリカのロサンゼルスより、全米で著名なカリスマヨガコーチ、スティーブ・ロスを招き、イベントを行いました。日本のヨガの第一人者である綿本彰先生とのジョイントで行われたリトリートとティーチャートレーニングは、どちらも笑い・涙・感動・そして高らかな歌声に満ちた、本当に楽しいイベントとなりました。特にリトリートは毎日がまるでお祭りかお祝いのような雰囲気で、スティーブも「The most fun retreat ever!(これまでで一番楽しかったリトリート!)」と言うほどでした。リトリートもティーチャートレーニングも、最終日には「帰りたくない~」という声が聞こえてきました。リトリートもティーチャートレーニングも参加者はほぼ100%女性でしたが、スティーブと彰先生と共に時間を過ごすにつれ、年齢に関わらずみんな少女に戻ったかのような無邪気な輝きを放っていました。
スティーブ・ロススティーブのハードなビンヤサヨガに汗を流し、連発されるギャグに笑わされ、彰先生の優しい誘導によるヨガで心解きほぐされ、そして暖かい涙で心を洗い流し、瞑想で自らの内深くに入り、夜にはチャンティング大合唱で大盛り上がり・・・・心と体の強張りが取れ、本当の自分に帰っていく、そんな経験ができるワークショップでした。
リトリートでの目玉の一つは、彰先生以外は誰もが未経験だった「ホロトロピック呼吸法」。連続的なフルの呼吸を1時間続ける呼吸法です。スティーブがガンガンと音楽を鳴らし、みな、自分の意思とは別に動いていく体を経験します。そして呼吸と共に、心の奥にあるもの、体の奥にあるものが、自然と出てき始めるのです。とても神秘的な経験をした方、不思議な感覚を味わった方、何も感じない方ももちろんいました。「どんな経験をしたにせよ、どんな経験もしなかったにせよ、それは今のあなたにとってちょうどいい、完璧な事なのです。何か特定の経験を追い求める必要はありません。あなたが何かを起こすのではなく、それがあなたに起こるだけなのです」とスティーブは言いました。彰先生も、ヨガや瞑想、随所で「ただ感覚をうけとってください。頑張らず、抵抗せず。バランスを取ろうとするんじゃないんです。バランスは既にあるんです」と導いてくださいました。
スティーブ・ロススティーブは全米で何百万人もが視聴しているヨガ番組を持ち、アメリカで最も有名なうちに入るスタジオを経営するオーナーでもあります。彰先生も日本で最も有名なヨガの先生です。けれど二人とも、そんなことをついこちらが忘れてしまうくらい、肩の力が抜け、リラックスしているのです。そしてこの瞬間をフルに味わい、楽しんでいるのです。
ヨガの全ての目的は心を静め無心になること。まさにそれを生きておられる二人の先生でした。
今回、このイベントを企画・主催させていただき、本当に光栄に思いました。
この場をお借りして、ご参加くださった素晴らしい皆様、そしてまるでスタッフのように細かいことまで気を配りお手伝いくださり、参加者一人一人を導いてくださった彰先生、そしてその存在によって、私たちの意識の新しい軌道を示したスティーブに、心から感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。(株式会社アムリタメディア 岩田夕紀)


今回関西でのリトリートと東京でのTT両方参加させてもらって
本当にすばらしい経験ができて幸せです。
本当にありがとうございました!
 
最初この二つのイベント告知があったとき
リトリートはもちろん参加したい!
でもTTにも参加するか迷ったんです。
でも私の直感が両方と私に告げたんですよぉ。
 
もちろん全く裕福な家庭じゃないし今お金に余裕もないから全部受けると確かに負担。。彰先生のTT受けたことあるから内容は同じかもしれないとも言われたけれど。
 
今あの時の直感は正しかったなと思います。
 
だって私が参加してよかったなと思うことは講義の内容だけではないから。
 
もちろん学んだこともすごく勉強になったし
以前の彰先生のTTから時間がたち
今回のTTで消化できたり 知識がもっと自分の中に入ってきて
実感できたことがたくさんありました。
 
だけど今こうしてあのリトリートとTTから時間がたって 
思い出す事や 自分の中に残っているのは
講義で習った事や レッスンの流れとか
マントラの細かい意味とかではなくて
 
先生たちのリラックスしたあの笑顔とか
ジョーダンばかり言ってたり おちゃめな姿
皆とたくさん笑いあった事とか
一緒に歌って踊った事や
スティーブ先生の あの体の奥に響いてきた歌声
涙がでて止まらなかったあのピースフルな空間
みんなといっぱいハグしたこと
心のハグをたくさん できたこと
 
あの空間にあった、五感に響いてきたあの感覚なんです。
 
参加しなかったら わからなかった感じれなかったことばかりが残っています。
 
本当にすばらしい先生って もうその存在そのものというか人柄だったり 
経歴を言わなくても感じる重ねてきた時間や経験だったりするんだなと
二人のすばらしい先生をずっと一番前の席をとっ<て笑>見ながら感じていました。
 
だから私も 自分のプラクティスを重ねていきたいと思います。
決して言葉に出さなくても  毎日これだけ瞑想していますとか
インドやアメリカに行ってこんな経験をしてきましたと
あえて言わなくても 存在が語ることってあるんだなと思ったから。
たとえずっとジョーダンばかり言っていても。。。 ^^ 
 
本当に参加できてよかったです。
 
また次回もスケジュール的には同じでも
講義の内容は同じでも
きっとそこにしかない空気や 感覚があるはずだから
また参加したいです。
 
ありがとうございました。

(K.M様)


初めてのリトリート。
スティーブのHeartの温かさに触れ、彰先生の深ーいヨガへの誘導、そして自分と他人との境目がなくなるという体験。
調和・・・・・スティーブのチャンティング・・・・・・すべてが私のカラダの奥深くまで染み渡り、最高の幸せを実感しました。こんな幸せを私だけでなく、たくさんの方々に実感していただけたらなと強く願っています。
これからは今回の体験を生かし、HappyYogaをお伝えしてゆきたいと思っています。
追伸
チャンティング大好きです!!5時間でも丸1日でもオッケーですよー!
スティーブのチャンティング聴きながら毎日息子と熱唱しています。
(C・O様)


ヨガであんなに楽しくなれるとは思っても見ませんでした。新しい体験で、帰りの車の中で、「ああ、このまま事故って死んでもいいわ」って思うくらい幸せな気分でした。(もちろん、安全運転でチャンティングを絶叫しながら帰りましたよ)
実は私はホスピスで看護師をしているので、こういう気持ちで患者様が死を迎えることが出来たらしあわせなのかな、もっと私にも力になれることがあるかなって、思うことが出来ました。
今回、参加できたのは本当にラッキーでした。
これが関東方面での企画だったら参加しなかったと思うので、身近で企画していただいて、参加できるチャンスを作っていただいて、ありがとうございました。
勝尾寺もいいところですね。昔高槻に住んでいたのに、全然知りませんでした。
来年の企画も、今からとっても楽しみです。
今度はぜひ友人を誘って参加します。
では、また会う日まで、お元気でおすごしください。
(M・A様)



こんにちは。スティーブ&彰先生のジョイントTTに愛知県から参加し、ずっと号泣していたKです。その際はお世話になり、ありがとうございました。

今回はもともと自分のヨガスキルの向上のために参加したのですが、それ以上に、根源、魂が揺さぶられた日々でした。
心が開かれていくことにより、辛く、苦しい思いもありました。
この苦しみから解放される時がくるのかと、不安になることもありました。

でも、スティーブ先生の言うとおり、思いが消えてなくなることはないけれど、それにより苦しむことはなくなるような気がしています。
そして、その後には幸せが残り、より神に近づいていけるとのことでした。

今はまだ体験や言葉をかみしめている段階ですが、心の奥深い場所に、力強く、ゆるぎなく、温かいものが芽生えてきているのを感じています。
思い出すと今も、温かい涙が溢れてきます。

今回、今後の人生において貴重な経験をさせていただき、幸せな時間をともに過ごさせていただいた、ユキさん、スティーブ、彰先生、クミさん、受講生のみなさんに今はただただ心から感謝の気持ちでいっぱいです。

私が苦しんでいる間ずっと見守り、寄り添い、励まし続けてくださった事、
優しく深いまなざし、温かい手、大げさではなく、一生忘れることはないでしょう。
ヨガという枠を超えて、人としてこうありたいと、強く思いました。
そして、先生方から与えていただいたものを胸に抱き、
それらをさらに伝えていくことが、先生方への恩返しだと思っています。
その幸せの波動がさざ波のように広がり、
世界中が幸せになることを祈っています。
今回の出会いとご縁に心から感謝します。ありがとうございます。

(K・E様)


彰先生のヨガはとても瞑想的で自分を感じ、ただ受け入れることを教えてくれました。時に自分を見失いそうになってしまう私にはヨガのスピリットは生きていく上で大切な指針であることを彰先生のヨガを通して改めて強く感じることが出来ました。
初めてのリトリート体験でしたが、仲間と共に素晴らしいときを過ごせて最高に幸せでした。
1DAYトレーニングで再びスティーブとの幸せで楽しい時間を過ごして、まだまだ熱く思い出すことが出来ます。
最後のチャンティングは熱唱!!
そしてホロトロピック二回目は一回目を越えるほどにさまざまな色や光、想い、家族を見、感じ、悲しみや喜びの涙を流す感動的な時間を過ごしました。 どんな意味があるのかなど考える必要もなく、ただただ無性に幸せな気持ちで満たされていました。 また体験したいです。

(K・A様)